【TCC】は詐欺って本当?!~知っておくべきデメリットとは~

みなさんこんにちは(*・・*)

これまで、TCCについて私が考えるメリットを主に説明してきました。いい所だけを伝えていきたいところですが、そんな無責任なことは出来ません。どの案件でもそうですが、デメリットは必ずあります。

案件内容を理解した上で、メリットとデメリット両方を天秤にかけ、投資する価値のある案件かどうかを考えていただけたらと思います(。・・。)

 

 

BTCの元本回収までに時間が掛かる

 

TCCはオートの場合、平均日利が約0.8%です。元本回収までには約7、8ヶ月掛かるんです(・・;)

ただ、これは1人も紹介しない自己運用、ビットコインの回収だけを考えた場合です。(例:1BTC投資して1BTC回収)TCCはビットコイン建て案件なので、ビットコインが高騰するほど日本円としての報酬も上がりますよ♪

 

例えば1BTC投資した後にBTCが2倍の価値になった場合、0.5BTCの配当でも日本円としては回収することができるんですね(*・・*)ビットコインは年内50~100万円になるとも言われています。そうしたら、ビットコインの価値だけで元本は回収できるでしょう。

実際に私も合計約0.7BTCの投資をして、BTCとしての回収はまだですが、日本円としてはとっくにプラスで回収できています。

しかし、ビットコインの価値が下がる可能性はもちろんあります。価値が下がれば、その分日本円としての報酬も下がってしまうところが怖いですね。

 

 

各種手数料が掛かる

 

トレードコインクラブは、運営していく上で下記のような手数料が掛かります。

 会社の収入原資

投資金の一部(5%) 

土日のトレード収益

登録料(0・05BTC)

手数料(トレード利益の25%)

月会費(登録プランによって違う)

自動更新(デポジット金額の5倍の利益を得ると、自動的にデポジット金額と同額が引き落とされる)

 

 詳しい内容はこちらから 

⇒ 【TCC】投資プランと長期案件の根拠

 

これまでの記事では、各手数料は長期案件として安心材料だと説明をしてきました。もちろん、その考えに違いはありませんし、登録している多くの人がそのように考えていると思います。

しかし、高いのも事実です(・・;)これらの費用がなければもっと稼げるわけですからね…。投資する側としては少しでも多く利益を出したいですよね。ただ、これだけ手数料を払っても利益を出すことが出来るのは凄いことではないでしょうか(*・.・)ノ

費用は出したくない!長く続けてほしい!報酬が欲しい!こんなわがまま言えたらいいのですが…笑。短期間で一気に報酬が欲しい人にはTCCは向いてないかもしれません。長期でじっくり増やしたい人向けですね。もちろん、紹介報酬を得る方は短期間でもガッツリ稼げます(o^^o)

 

 

永遠に続く案件ではない

 

TCCは代表者名や企業実態の情報公開がされています。

【TCC】とは?何をして利益を出しているのか~会社概要~

 

運用システムからも長期案件だと説明してきました。システム的には数年続くものが構築されていますし。しかし、どんなに優れたシステムでも、『絶対に』続く保証はありませんし。日本の企業ですら10年続くものは一握りだそうです…(・・;)

TCCはHYIPかどうかをこだわる方もいます。

HYIPとは『高利回り案件』です。日利1~5%、中には10%なんて案件もあります。そして、その90%は詐欺だと言われているんですね~。高配当すぎて、新規参入社もストップすると払い出しをすることができずに3ヶ月以内に飛んでしまう案件が殆どです。(TCCは1月27日~)

今年初旬に流行ったHYIPはバタバタと飛んでいきましたしね…。

それを考えると、HYIPかどうかが気になる、怖くて手が出せないという人がいるのも良くわかります。案件が飛んでしまえば投資したお金は返ってきませんので(ノ_・。)

 

しかし、TCCはHYIPではありませんAIを使って暗号通貨の自動トレードをして利益を出している会員制クラブです。金融ライセンスを取得している実在するビジネスです。そもそも『飛ぶ』なんて概念はありません。TCC社側もHYIPではないと言っています。実際にTCCの会社のドメイン有効期限は2026年まで取得されていますよ。すぐ破綻するつもりだったら、こんなに長く取得する必要はありませんし、TCCの創業者はセミナーで5年10年続けるつもりでいると話していたそうです。

『HYIPかどうか』をこだわるよりも、会社概要、実態、原資、システムなど様々な情報を集めて、投資する価値がある案件かどうかを見極めることが大切ではないでしょうか。

ちなみに新規参入者の投資金から配当を出すポンジスキームではありません。TCCは新規参入社がいなくても、運営を続けることができるように計算された手数料が設定されています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます(*・・*)

デメリットだけ聞くと魅力を感じないと思いますが、ぜひメリットも知ってください。なぜTCCが人気があるのか、わかっていただけると思います。

⇒ なぜTCCが爆発的人気が出たのか~重要ポイントまとめ保存版~

 

こういった案件は『誰とやるか』、『どのグループに入るか』が重要です。私は複数のグループに入っていますが、トレードコインクラブについてはもちろんのことMLMトップリーダー達による情報がかなり勉強になります。どのように運用したらよいかも日々検証されていて、私はこのグループに入ったおかげでトレード配当最高値を取り続けることができました。もちろん、グループだけでなく登録から運用方法まで一からサポートさせていただきます(^o^)/

質問等、お気軽に連絡してくださいね(‘-‘*)

⇒ 【TCC】初回運用額の10%をキャッシュバック

友だち追加

↓ ポチっとしていただけると嬉しいです♪


人気ブログランキング

※今回TCCを長期案件としてオススメしていますが、出金停止やサイト閉鎖等のトラブルが起こるリスクはゼロではありません。あくまで余剰資金、生活に支障をきたさない範囲での投資をオススメします